空き家・空き地を売ったあとの税金

売却後はまとまったお金が入ってきますので、当然に税金もかかってきます。

譲渡所得とは

空き家・空き地を売却後に入ってきたお金の全額に課税されるわけではなく、譲渡所得と呼ばれる部分に税金がかかります。

譲渡所得は売却で得たお金から、諸々に要した費用を差し引いた金額のことを言います。

譲渡所得=売却価格-費用

費用とは

費用とは、取得費と譲渡費用の合計を指します。

費用=取得費+譲渡費用

取得費とは

取得費とは、不動産の取得に要した費用のことで

  • 不動産の購入価格
  • 仲介手数料
  • 購入時に支払った税金(印紙税、登録免許税、不動産取得税)
  • 測量費用
  • 解体費用
  • 土木工事費用
  • 登記費用

などを指します。不動産の購入価格も費用に含まれることに注目です。

相続などで取得した物件で価格がわからない場合や、書類を紛失して価格の証明ができない場合は売却価格の5%を購入価格として計算します。

譲渡費用とは

譲渡費用とは、不動産の売却に要した費用のことで

  • 仲介手数料
  • 売却時に支払った税金(印紙税)
  • 測量費用
  • 解体費用
  • 登記費用

などを指します。

よって

譲渡所得=売却価格-取得費-譲渡費用

となります。

具体的な税率は

実際に住んでいる家を売却したときや、相続で取得して3年以内の空き家の場合、通称3000万円控除と呼ばれる大幅な優遇措置が受けられる場合もあるのですが、長年放置された空き家にはそういった制度は適用されません。

実際の税率は不動産の所有期間によって2種類に分かれます(相続で取得した物件の場合、親が所有してきた期間も含まれます)。

所有期間5年以下:39.63%
所有期間5年超 :20.315%

これが譲渡所得にかかってきます。所有期間によってほぼ2倍の差があります。税率も凄いですね。

例えば購入価格不明、所有期間30年の空き家を500万円で売却、譲渡費用50万円とした場合、

譲渡所得=500万円-25万円-50万円=425万円
譲渡所得税 86万3000円

なかなかの税額です。30年前に購入したときの価格はもっと高かったでしょうから、購入価格の証明さえできれば、取得費が売却価格を上回って税金はゼロの可能性だってあったわけですが、証拠がないとこういう事になってしまいます。

節税のために

そんな何十年も前の領収書なんてあるわけない、契約書?捨てたよ、なんてことも空き家の場合多いのです。家だけではなく書類も放置されているうちに、そういうふうになっちゃうんでしょうかねえ。

ルーズな人は損をします。既に空き家をお持ちの人が、今からできることはあまりないのですが、将来の売却を視野に入れて、今のうちから書類を整理して、費用になりそうなものはダメ元でも証拠を保管しておくことが重要です。

これから家を買う人も、買ったら領収書のことなんて忘れてしまう人も多いですが、数十年後の未来のために、書類を整理して保管することに努めましょう。

タイトルとURLをコピーしました