相続には法定相続情報証明を活用しましょう

相続の際に、土地の相続登記や被相続人(亡くなった人)の預貯金の引き出しなどには色々と書類が必要です。提出書類の簡素化のために、法定相続情報証明という制度が平成29年5月より始まっています。

相続の前に確認すること

相続で調べないといけないことは、大きく分けて3つあります。

  • 遺言の存在とその内容
  • 相続財産の額と所在
  • 相続人

上2つは置いといて、今回は相続人です。法律上の相続人を調べるために、まず被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍が必要になります。いつ結婚し、いつ養子縁組し、いつ子供ができて、いつ婚外子を認知したかなど、戸籍を見ればはっきりします。はっきりしないほうが良かったというのはまた別の話。(笑)

この戸籍集めがまた大変で、遠隔地の場合郵送で入手可能ですが、相続人が請求する場合、相続人の戸籍謄本を添付して送れとか、郵便代がかかる上に時間もかかるし調べていくと追加が出たり、相続人がわかったら、相続人の戸籍もそれぞれ必要になるので、私は途中で放り出して司法書士にお任せしました。(職権で可能です)

相続人の証明を何に使うのか

残高証明書の請求と、遺産分割協議後の不動産の相続登記、それから金融機関からの預貯金の引き出し時に使います。

このときにかき集めた戸籍の束を持っていくのって面倒くさいですよね。いや、紙束くらいどうってことないよって人、それ全部、金融機関でコピー取られますから、コピーする時間がもったいなくないですか?

そこで、かき集めた書類を法務局に持っていくと、相続関係を公的に通用する1枚の紙にしてくれるのが、法定相続情報証明です。

具体的な手続きは法務局の法定相続情報証明制度の具体的な手続についてからどうぞ。

相続に伴う作業が、かなり楽になるのでおすすめです。司法書士に依頼する場合は、多分言わなくてもやってくれると思います。司法書士にとっても楽なので(笑)

但し1回は被相続人と相続人全員の戸籍収集が必要になりますが、これは仕方ありません。

自分の戸籍謄本を取得しよう

自分の戸籍は、生きているうちに出生から通して取得しておいたほうがいいですね。

ネットで見かけた意見ですが、生きているうちに自分の戸籍を逆にたどりながら、全部収集するついでに旅行するなんてのもいいですね。もちろん自分の相続時には使えませんが、取得する書類がわかっているだけでも、相続人にとっては助かると思います。

タイトルとURLをコピーしました