不動産よろず相談・個人間売買サポート

不動産よろず相談

サービス内容

不動産の売り買いに限らず、不動産にまつわる様々なご相談に対応しております。どんな内容でもお気軽にご相談いただける、最初の窓口としてご利用ください。

不動産業というのは、いろいろな専門家(弁護士、税理士、不動産鑑定士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士、建築業者、工務店、リフォーム業者、解体業者など)と連携して行う仕事が多くございます。

ご相談が弊社で対応できない内容の場合、適切な専門家をご紹介します。

空き家を持っているけど、なにか活用法はないか。

空き家を管理してくれる業者を紹介してほしい。

売買の予定はないけど、今売ったらいくらになるのか知りたい。

相続した不動産の価値を知りたい。

建物を解体したいんだけど、業者を紹介してほしい。

実家がゴミ屋敷化して困っている。

この土地には家を建てられないと言われたんだけど、どういうことか知りたい。

親の家を高齢者向けにリフォームしたい。

不動産登記でわからない部分があるので説明してほしい。

料金

ご相談は無料ですが、調査のために役所で書面を取得する場合、事前に確認の上で実費を申し受けます。

また、専門家をご紹介した場合、紹介先に対し所定の相談料をお支払いいただく場合があります。

個人間売買サポート

サービス内容

知り合い同士で不動産を売買する場合のように、売却先が既に決定しているため売却活動が不要で、売買契約を取り交わすのみという場合に、弊社が仲介業者として取引を支援するサービスです。

売却に要する費用と労力が不要なため、仲介手数料を通常の半額にさせていただいております。 (但し、売却金額が200万円を超える取引に限ります)

サービスの流れ

物件調査

通常の不動産売買と同等の物件調査を行います。物件に問題点がある場合、価格査定にも影響しますので確実に行います。

価格の査定

調査結果をもとに、実際に売買する場合の価格を査定します(不動産鑑定士が行う鑑定評価とは異なります)

契約条件の決定

調査と査定の結果を報告しますので、契約条件について売主様と買主様でご相談ください。当社が必要なアドバイスを行います。

リスクとなる情報も全てお伝えしますので、調査と査定の結果によっては、この時点で売却を取りやめることもあるかもしれませんが、その場合、当社は手数料をいただきません。

契約・決済引き渡し

続行となりましたら、通常の不動産取引と同様に、弊社が契約書と重要事項説明書を作成し、契約、代金の決済、物件のお引渡し、諸費用・仲介手数料の支払いで終了となります。

料金

仲介手数料として売主様・買主様双方から、売買価格の1.5%+消費税を申し受けます。(但し、売買価格が400万円を超える取引に限ります。400万円以下の場合はご相談ください。)

例:売買価格2,000万円の取引の場合

2,000万円*1.5%=30万円+消費税=33万円

上記の金額を 売主様、買主様それぞれより申し受けます。

タイトルとURLをコピーしました