日報の読者さん来訪

この日報を読まれている方が事務所にお越しになりました。

解体業者さん

昼下がりに事務所の呼び鈴が鳴りました。

出てみると解体業者さんだとのこと、空き家物上げをしている関係で、解体業者さんとは繋がりを持ちたいと思っていたところでまさしく渡りに船でした。

早速お招きして名刺交換後、開口一番「社長の日報読んでます」と衝撃の一言。

いやこれはびっくりしました。日報更新後はTwitterで告知していますのでフォロワーさんに読まれているという自覚はありましたが、全く見ず知らずの方に見ていただいているというのは、あり得ることとはいえ、まあ現実にはいないだろうと勝手に思っていました。

日報の効果

「初対面のはずなのに、初対面な気がしない」と言われました。この日報を始めて期待した通りの効果が出ています。

読んで頂くことで、いつの間にか親しみを持っていただく。こちらは初対面なのに、読者さんはこちらのことをよく知っている、いわゆるファン化です。

ようやく目に見えて効果が出てきたことに感動しました。時折り中断をはさみつつも続けてよかった。

お客様は現場から営業に異動になり、ウェブサイトも設置して、手探りで営業を始められたとのこと。

教えてくれる人もいない中で、随分苦労されているご様子でしたので、営業ツールとしての日報とニュースレターの話をさせていただきました。参考になればよいのですが。

物上げに成功した暁には、真っ先に解体のお仕事の話もさせていただこうと思いました。

タイトルとURLをコピーしました