媒介いただきました。そして売出し準備

前回ご報告した反響から媒介をいただきました。

売出し準備

査定書を持ってご説明に伺い、価格にもご納得いただいた上で専任媒介をいただきました。

さて売出し準備ということで、やっぱりある程度調査は必要だろうということで、机上でできるだけの調査をして、更に現地でも調査をしたところ、築年数が立っているだけに色々出てきます。図面と合わないとか普通にあります。

積み上がっていく調査箇所と積み上がっていく不安…今日は師匠のところに相談に伺いました。

回答はシンプルでした。

「調べてわかったことをそのまま重説にすれば良い。宅建業者が果たすべきは調査と説明の義務である。(買う買わないは、説明を聞いてお客様が決めることなので、考えても仕方がない)」

仰るとおりで、私は調査結果から未来を想像して、本当に売れるんだろうかということばかり考えていました。

「あと売り出し前の調査に時間かけすぎ、最低限にして早くネットにあげなさい」

とも言われました。足りない写真を撮ったらアップします。

「いっぺん媒介取って売れたら、次も来るようになる」

だそうです。好転のきっかけとしたいです。

郵便が変

空き家物上げの手紙が、今日は2通宛先不明で戻ってきました。もっと早く、もっと多く戻ってくると思っていたのですが、最近郵便が変です。

ニュースにもなっていましたが、郵便局が土曜の配達、夜間の仕分けを廃止して、1月から更に配達が遅くなったそうですが、1月から2月で更に遅くなっている感覚があります。

空き家の住所と所有者様の住所が同じ場合、手紙は高確率で戻ってくるのですが、それも殆どなくなっています。ちゃんと届いているのか、それともどこかへ…

そろそろ手紙が届いた先へ、2発目の追客手紙を出そうと思っているのですが、ちゃんと届くのか不安になっています。

タイトルとURLをコピーしました