火災保険には入っておきましょう

火災保険に入るのは何のためか正確に理解してますか?万が一のリスクを減らすための火災保険、上手に入って上手に使いましょう。

火事の責任を負うのは誰か

住宅ローンを組んでいる人は、たいてい金融機関からの指示で火災保険に入っていると思います。住宅ローンの残った状態で家が焼けてしまったときに、家を建て直すためですね。

ところで火事の責任範囲についてはご存知でしょうか?失火責任法という法律がありまして、

他人の起こした火事で自宅が延焼した場合には、
火元のお宅へ損害賠償請求ができない

ということになっています。常識的には信じがたい話ではありますが本当です。

火元に重過失があった場合は求償できますが、裁判で時間も取られ、賠償してもらえる保証もありません。

つまり火災保険は

  • 自宅が火元になった場合
  • 他人の起こした火事の巻き添えで延焼した場合

に対応する備えということになります。

火事だけではない火災保険

また、火災保険は読んで字のごとく火災に対応する保険ではありますが、特約で風水害等の様々な事態に対応できるようになっているものが多いです。地震保険も火災保険に加入していないと入れません。

ちょうどこれから台風シーズンです。屋根が飛んだとか、ガラスが割れたとか、そういったことも火災保険でカバーできることも多いのです。

既に火災保険に加入されている方は、再度保証内容を確認しておくことをおすすめします。

保険に入りにくい空き家

空き家のオーナー様は、未加入の人が多そうですね。空き家の場合不法侵入や放火などのリスクが人が住んでいる家よりも高いので、より強く保険加入をおすすめしたいところですが、空き家で加入できる火災保険というのは意外と少ないのです。

また加入できたとしても、人が住んでいない家は住宅とみなされず、保険料が割高になることが多くなります。

誰か住んでいたときの火災保険をそのままにしている場合、条件が変わっているので、いざという時保険が適用されない場合もありえるので保険会社に確認が必要です。

まとめ

火災のリスクというのは非常に大きいので、保険に加入する価値は大いにあると思います。また、加入したら放ったらかしにしておくのではなく、内容を正しく理解することで上手に利用して、入っといてよかったとなるようにしたいものです。

タイトルとURLをコピーしました