JAバンクの口座等を相続する手続き

相続に関する色々な情報です

相続が発生したあとに、被相続人の資産をJAバンクから引き出す手続きについてご説明します。あまり公開されていない情報で、金融機関によって多少違いもありますので、予め準備しておきたい方にとっては有益かと思われますので、ご参考になさってください。

手続きの準備

まず窓口の開いている時間にJAバンクに出向く必要があります。被相続人名義の通帳や証書を持っていってください。

記入する書類をもらい、よく説明を聞くことをおすすめします。持ち帰って記入しているときも、わからなくなって電話で確認する必要が出てくるかもしれません。その場ではまず終わりませんから、一旦帰って書類の記入と必要書類の準備をしましょう。

必要な書類

必須のもの

  • 被相続人の戸籍謄本又は法定相続情報一覧図(写)
    • 戸籍謄本の場合は、出生時から死亡までの連続した戸籍謄本(改製原戸籍謄本、除籍謄本を含む)
  • 相続人の印鑑証明書
    • 相続人ごとに各1通
      • 海外居住の場合、大使館・領事館発行のサイン証明書が必要
      • 発行から6ヶ月以内のもの
    • 被相続人名義の通帳・証書・キャッシュカード

該当がある場合

  • 相続人の戸籍謄本
    • 被相続人の戸籍謄本だけでは相続人が確認できない場合のみ
  • 遺産分割協議書
    • 相続人全員の実印が押印されているもの
  • 遺言書
    • 公正証書遺言以外の場合は家庭裁判所で検認手続を済ませること(この場合、検認調書謄本を提出すること)
  • 手続き権限者の実印又は口座届け印
    • 相続貯金を現金で受領する場合に必要
  • 調停調書・審判書謄本
    • 家庭裁判所の審判や調停によって決定した場合
  • 相続人の口座届け印
    • 口座の名義変更をする場合

組合員の場合

  • 出資金残高通知書(兼)配当計算書
    • 毎年6月下旬に届くはがき(ない場合紛失届を提出する)
  • 念書(出資)
    • 相続人全員が署名捺印すること

窓口で受け取って記入する書類

  • 相続等に関する手続き依頼書
    • 相続人全員が署名捺印すること
  • 紛失届
    • 組合員で、出資金残高通知書(兼)配当計算書を紛失した場合
  • 念書(出資)
    • 組合員の場合
    • 相続人全員の署名・捺印
  • 組合員加入申込書、異動事項申請書
    • 相続する者が署名捺印すること
  • ※すべての書類の相続人欄の住所氏名は、印鑑証明書のとおりに記入しましょう

書類提出後の流れ

書類を窓口に提出後、遺産分割協議前の出金であれば、代表者に一括で振り込みできます。

遺産分割協議後の出金とする場合は、分割割合に則って、相続人それぞれの口座に振り込むので、相続人全員の振込口座を用意する必要があります。

出金については口座振込のみで、金融機関はどこでも可能です。振込手数料を差し引かれた残金が、その場で振り込まれます。

但し出資金だけは、毎年6月の総代会の翌日に、運用益を加算して、振込手数料を差し引かれた額が振り込まれますので、それまで待つ必要があります。

役所で取得してきた書類(謄本など)はコピー後に返却されます。

時間的には書類が揃っていれば、概ね40分位で全てが完了する感じでした。今回経験した金融機関の中では最速でした。

※上記は執筆者の経験談のため、正確でない場合があります。また、個別の事情により内容が異なる場合があります。同様の手続きを実行される前には、改めて必要事項を確認の上で行ってください。

タイトルとURLをコピーしました