空き家解体の続きとお手紙発送

昨日の空き家を寄附して解体する件の続きと、空き家オーナー様へのお手紙を発送しました。

査定書の作成の続き

他の相続人を説得するための査定書作成という依頼を受けて、今日もその続きをしておりました。

成約事例など存在しないエリアなので、路線価から割り戻した金額に現状を考慮すると、なんやかんやで金額はゼロですし、売りだしても売れませんというストーリーは昨日のとおりで、ではどうするかということで、町に寄附して解体というくだりになっています。

もはや査定書ではありませんね(笑)

依頼人様は遠方に在住のため、寄附の手続きについて詳述することにしました。

登記を綺麗にして所有権移転が可能な状態にすること、役所の手続きなので必要書類を揃えること、手続きの流れを理解すること、その他諸々をわかりやすくを心がけて記述した、つもりです。

お金はいただけませんがちゃんとした書面をお渡しできるよう頑張っています。

空き家オーナー様へのお手紙発送

足で探した空き家と思しき住宅のオーナー様へ、ようやくお手紙を発送しました。

松前町内のお住まいの方もいらっしゃいましたので、直接出向くことも出来ましたが、「お前誰よ?」となるのもスマートでないので、まずはお手紙での接触を試みます。

ニュースレターを同封しましたが、果たして良かったのか悪かったのか、怪しさ倍増で受け取られないとよいのですが。

空き家探索の旅は、隣町へと移動してまだまだ続きます。

他のブツ上げ作戦もあるので、そちらのお手紙の文面も考える必要があります。結構忙しいです。

タイトルとURLをコピーしました