マルチタスク能力

契約に向けての仕事ばかりしていてはいけません。

契約書と重説を作る

契約書と重要事項説明書づくりに精を出しています。

久しぶりなので、調査漏れがあるたびに手が止まって調べ物をするので、なかなか進みません。今回は道路の持分の譲渡があるので、その契約書も作る必要があるので尚更です。

しかしこの仕事ばかりしているだけではダメです。案件が途切れないように、物上げなどの営業活動もする必要がありますがなかなか時間が取れません。ひとり不動産屋の限界を感じる日々です。

わたしはマルチタスク能力がないので、一つづつの業務を集中して早く終わらせるように努めていますが、仕事が積み上がっていく速度のほうが早いです。なんとも難しいところです。

反響あり

昼休みに呆けていると、反響電話が鳴りました。

不動産投資家さんで、今週出した売り物件を収益物件として購入したいとのこと。出したばかりなので指値は難しいということでご了解いただきましたが、実需の方に販売するのは難しい物件ですので、どちらかといえば願ったり叶ったりです。

築古物件は、売却の前に最新の法令などに準拠させるために、色々な手間や余計な費用がかかることがままあって、売主様に費用負担をご理解いただくのが難しい場合もあります。中には今回の物件のように再建築不可になってしまうものもあるので本当に難しいです。

タイトルとURLをコピーしました