レインズと不動産ジャパン

真剣に不動産購入を検討されている方は、ネット検索などで「レインズ」というワードを見かけたことがあるかもしれません。これは、不動産屋だけが見られる物件情報ネットワークのことを指します。

不動産屋とレインズ

売主さんから物件の売却依頼(媒介といいます)を受けた不動産屋は、レインズに物件を登録します(媒介の種別によっては登録は義務になっています)それを見た全国の不動産屋が広告して買い手を探してくるという図式になっています。

一般の人が不動産を探すとなると、アットホームとかSUUMOのようなポータルサイトを見ると思いますが、不動産屋はまずレインズを見ます。情報が早いのと、ポータルサイトより細かい情報が載っていることが多いからです。

不動産ジャパンとレインズの情報はほぼ同じ

実はこのレインズ、ほぼ同じものが一般の人向けに公開されています。不動産ジャパンというウェブサイトで、物件情報はレインズとほぼ同じです。なぜならレインズを運営している不動産流通推進センターが、一般向けに運営しているのが不動産ジャパンだからです。成約事例とか日報とか統計資料とか、レインズにしかないものもありますが、それはエンドユーザーの皆さんには必要ないものですし。

なので一般の人がレインズの情報を見たければ、不動産ジャパンをチェックすればいいわけです。

但し、不動産屋が一般媒介で売却依頼を受けた場合は、レインズへの登録義務はありません。こっそり売却したいとか、見込みのお客さんの中に買ってくれそうな人がいるとかいう場合、レインズに登録すると業者から問い合わせが殺到するので、わざと一般媒介で物件を預かることがあります。そういうレインズに出てこない物件は、そもそも表に出る前に売れてしまうか、不動産屋のウェブサイトにだけ掲載されていたりするので、そこはやはりチェックしなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました