道路と土地の関係

道路と土地の関係は、いつも不動産屋を悩ませます。当然土地の持ち主の方もです。

細い道路は要注意

松前町でも弊社のある浜の港に近い方なんかは、漁師町らしく細い道が多いですよね。猫しか通らんやろこれ。みたいな道というか路地のような通りに家が建っている様子をよく見かけます。

そういう細い道の傍らに建っている家はご用心という話です。

接道義務

接道義務という言葉がありまして、建築基準法上の道路に2メートル以上接してない土地には、建物を建てることができないという法律があります。主に防災上の観点からそう定められています。

じゃあ建築基準法上の道路って何よ?という話ですが、ものすごく大雑把に言って道幅4メートル未満の道は、接道義務を満足していない可能性を疑う必要ありってことです。見た目は道路でも、私有地だったりする可能性もあります。

2メートル以上接することというのも重要です。細い路地の奥にある建物などではあるあるですが、接する長さが足りなくても当然再建築不可です。秘密の隠れ家感のある建物なんかは要注意です。

再建築不可

建てられないっていうけど現に建ってるやん。はい、昔から建っていたものを、法律ができたから取り壊せ、というのは気の毒過ぎるので、現に建っているものは構わないけど、一旦取り壊したらもう駄目という運用になります。これが再建築不可物件と呼ばれます。リフォームはできますけどね。

稀にですが、全く道路に接していない土地というのもあります。袋地と呼ばれますが、建物が建っていたならばもちろん再建築不可です。そもそも道路が付いてないので物理的に建築できないという(笑)

再建築不可となると売るとしてもどうしても安くなりますし、住宅ローンもつきにくくなるので尚更売りにくくなるのは避けられません。なので不動産屋は売り物件の依頼を受けると接道については全力で調べます。一見大丈夫そうでも何が出てくるかわからないので気が抜けません。道路と土地の間に他人の土地が薄ーくスライスしたように挟まってて接道してない。なんていう笑えない話もあります。

心当たりのあるおうちにお住まいの方は、一度接道についてお調べになっておくのもよいかもしれません。松前町内でしたらお手伝いできますよ。

タイトルとURLをコピーしました