愛媛信用金庫の口座等を相続する手続き

相続に関する色々な情報です

相続が発生したあとに、被相続人の資産を愛媛信用金庫から引き出す手続きについてご説明します。あまり公開されていない情報で、金融機関によって多少違いもありますので、予め準備しておきたい方にとっては有益かと思われますので、ご参考になさってください。

手続きの準備

まず窓口の開いている時間に愛媛信用金庫に出向く必要があります。被相続人名義の通帳や証書を持っていってください。

記入する書類をもらい、よく説明を聞くことをおすすめします。持ち帰って記入しているときも、わからなくなって電話で確認する必要が出てくるかもしれません。その場ではまず終わりませんから、一旦帰って書類の記入と必要書類の準備をしましょう。

複数の支店に口座をお持ちの方でも、1箇所で手続きできますが、交付される書類にすべての支店名と口座が記入されているか確認してください。

必要な書類

  • 被相続人の戸籍謄本又は法定相続情報一覧図(写)
    • 戸籍謄本の場合は、出生時から死亡までの連続した戸籍謄本(改製原戸籍謄本、除籍謄本を含む)発行から6ヶ月以内のもの
  • 相続人の印鑑証明書
    • 相続人ごとに各1通
    • 発行から3ヶ月以内のもの
  • 被相続人名義の通帳・証書・キャッシュカード
  • 相続人の戸籍抄本
    • 不要な場合もあります
  • 遺言書
    • (必要書類として記載はありませんが)公正証書遺言以外の場合は家庭裁判所で検認手続を済ませた方がよいでしょう
  • 相続人の本人確認書類
  • 振り込みでの支払いを希望する場合、振込先の通帳

窓口で受け取って記入する書類

  • 預金者死亡届
  • 代理人選任の委任状
    • 代理人以外の相続人全員の分
    • 相続人の代表者を代理人とする
    • 委任状には全て相続人が自筆で記入すること(筆跡を見ています)
    • 日付は実際に記入した日
  • 相続預金・相続出資金名義変更又は相続預金・相続出資金払戻依頼書
  • 葬儀費用支払い依頼書(葬儀費用を払う場合)
    • 請求書又は領収書
  • 書類に相続人全員の実印の押印
  • ※すべての書類の相続人欄の住所氏名は、印鑑証明書のとおりに記入しましょう。

書類提出後の流れ

書類を窓口に提出すると、別の支店の口座分は処理が若干遅れるとのことで、一旦預かりになりました。(1箇所なら即日か?)

役所で取得してきた書類(謄本など)はコピー後に返却されました。

現金での支払いは、額が大きいと難しいとのことでしたので(それ以上突っ込まず)、私の愛媛信用金庫の口座に振り込んでもらうよう依頼したところ、振込先の通帳も預かりになり、預り証を受け取りました。

書類を預けてから処理が完了して電話連絡が来るまで4営業日かかりました。

連絡後に出向いて、預り証と引き換えに、入金の記帳された通帳と、被相続人の解約済み通帳を受け取って終了です。

※上記は執筆者の経験談のため、正確でない場合があります。また、個別の事情により内容が異なる場合があります。同様の手続きを実行される前には、改めて必要事項を確認の上で行ってください。

タイトルとURLをコピーしました