営業電話と文章の推敲

午前中は娘の運動会でしたので、午後からの営業となりました。

営業電話

久々にシラ電がかかってきまして、携帯電話だったのでつい取ってしまったのですが、営業電話でした。(最近携帯からの営業電話って多いですね)

話を聞くと、企業の福利厚生サービスをやっている会社で(ベネフィット・ワンみたいな奴でしょうか)サービスのリストに月4万円で当社を掲載する、というものでした。

いや月4万円ならチラシ撒くかアットホームに課金するわ。という話で即却下でした。

あるいはそこからの紹介で成約したら、売上から紹介料20%払うみたいな話なら、まだわからなくもありませんが、当社を利用してもらえるかどうかもわからないのに、月4万円はないわ~。

こういう一見良さげな話は、費用対効果を慎重に検討する必要がありますね。

空き家のオーナー様に送る文面

先日作成した空き家のオーナー様に送る文面を、改めて見直していたらいろいろ要修正箇所が見つかって、結局一から作り直す羽目になりました。

文章を作っているときはたいてい冷静さを失っているもので、出来てから冷却期間をとるとアラが見えてくるものですが、キリがないのでこれで終わりにします。

最初は手書き文書をコピーして送ろうかと思っていたのですが、さすがにそこまで手が回らないので、手書き風フォントでお茶を濁すことにしました。

開封してもらえないと悲しいので、宛名だけは手書きで出そうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました