電話対応に追われた日

物件確認の電話で1日が過ぎていきました。

電話とFAX

朝から電子証明書の更新(私用)で役場に出かけ、毎月恒例の依頼をするため法務局に向かい、用事が済んだ10時頃から物件確認の電話ラッシュが始まりました。

レインズには「連絡はメールでお願いします」と書いたんですが、メールでコンタクトしてきたのは1社だけ…誰もちゃんと読んでない…

そしてみなさま、判で押したように「物件資料をFAXで頂けますか」

返答は「あのーメールでPDFでもいいですか?」

こう言うとOKしてくれるんですが、不動産業界はFAXが標準なんでしょうかね?そりゃ不動産テックのみなさんが頑張っちゃうわけですよ。もう全部LINEで済ませたい。

メールに資料添付するのも面倒になって、後半はGoogleDriveのダウンロードリンクを貼るだけにしました。通用しなかったらどうしようかと思いましたが、大丈夫だったようです。

早い反響

物確にしても広告承諾にしても色々もたついているので、改善点を考えながらメールのやり取りが1日続いたのですが、昨日アットホームにアップした情報に、早速お客様の反響がありました。自分で上げたくせに反響の速さに驚いてしまいました。

いくつかのご質問に回答しつつ、物件のアピールポイントをそこそこボリュームのある文章にまとめてお返事しました。直接電話しようか迷ったのですが、ここは相手の時間を尊重するという視点で、メールを送ることにしました。今日は金曜日、夜にでもじっくり読んでいただいたほうが良い反応が得られることを期待しつつ…

今日はお客様からの反響1、物件確認6という成果でした。早く売れるとよいのですが。

タイトルとURLをコピーしました