空き家を「貸す」という選択肢

空き家を持っており、当面使う予定はないが、手放すつもりもない。

そういう場合賃貸物件として活用するという選択肢があります。

空き家を活用する

不動産というものは所有しているだけでも様々な費用と維持の労力がかかります。これらは空き家といえども例外ではありません。

空き家として遊ばせておくよりは、賃貸に出せば、家賃を頂ける上に家の維持管理までお任せできるのですから、検討するのも当然のことかもしれません。

空き家を賃貸に出すメリット

家賃収入が得られる

ただ持っているだけでは1円にもならないものが、賃貸に出せば毎月家賃収入が得られるというのは大きな魅力です。ただし、物件の立地によって、収益が変わってくることに注意が必要です。

家の維持管理を入居者に任せられる

家は住まなくなると急速に痛みます。また庭などの外構部は、手入れをしないと雑草などで見栄えが悪くなり、近隣の建物にも影響してきます。戸建ての場合は日常の手入れをすべて入居者さんに任せられますので、維持管理の心配がなくなります。

家を手放さずに済む

維持管理の労力は入居者さんに任せ、税金などの金銭的負担は家賃から捻出すれば、家を手放すということがなくなります。

入居者にそのまま売却できる

家を手放さないという当初の方針とは異なりますが、入居者さんが気に入って長く住んでもらえた場合、合意が得られればそのまま入居者さんに売ってしまうということもできます。

収益物件として売却も可能

上記と同じく手放すことになりますが、入居者付きの収益物件として売却することも可能です。

空き家を賃貸に出すデメリット

住める状態にするのに費用がかかる

往々にして空き家は古めの物件が多いです。住める状態にするのに最低でも壁紙と床の張替え程度は必要で、水周りの交換や雨漏りの修理などが発生すると、高額の初期投資が発生することがあります。

回避手段として、費用を自己負担する前提で、自由にリフォームOKな賃貸住宅として、掃除だけしてそのまま貸すという方法があります。

大家としての管理責任や費用負担がある

雨漏りやシロアリ、設備の故障などは大家さんに修繕の義務があります。状態によっては高額の費用負担が発生します。また管理会社に支払う管理費や、火災保険料も大家さんの負担です。

空室リスクや賃貸需要の問題がある

賃貸住宅は常に満室とはいかず、空室の間は家賃収入はゼロになります。

また、賃貸需要の低いエリアでは、借り手が見つかりにくいので、家賃が極端に低くなったり入居者の質が悪くなる可能性があります。

家賃滞納、退去時の原状回復などのトラブル

家賃の滞納や、退去時の原状回復でトラブルになる可能性がありますが、家賃保証会社を入れることや、入居時の審査を厳しくすることである程度は回避できます。

必要な時に使えない

家を貸す側と借りる側では、日本の法律は借りる側に圧倒的に有利にできているため、自分たちが家を使いたくなった時に、すぐに入居者に退去してもらうといったことができません。賃貸借契約を定期借家にすることで、ある程度は回避できます。

やる気のある人にはおすすめ

メリットもデメリットもいろいろあるのですが、気軽に賃貸に出してお家賃ゲット💛という考えの人にはおすすめできません。

賃貸経営にはいろいろな問題が起きるものです。それらを専門家と協力して粘り強く解決できる人なら上手くいくでしょう。「賃貸経営は不労所得ではなく苦労所得である」という大家さんの言葉が物語っています。

新たに不動産賃貸業を始めるのだという覚悟とやる気のある人は挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました