ウェブサイトの宣伝効果

まだまだ駆け出しの不動産屋ですので、電話がかかってくるとドキッとします。今日かかってきた電話の内容は…

協業のご提案

久々にシラ電(知らない番号からの電話)がかかってきまして、受けたところ物上げに関する協業のご提案でした。詳細については伏せますが、なかなか興味深いお話ではありましたが、当方の資金的問題でお断りさせていただきました。

本題とは別に、同じく電話営業をしている身としてどういうトークをしているのかなどを色々と観察させていただきましたが、営業マン然とした滑らかなトークというわけでなく、途中で詰まったりなどむしろぎこちなさすら感じられ、天然か計算かはさておいて、こういうスタイルでも全然イケるということを、自身に当てはめて心強く感じました。

選択の理由

会話の中で、数多ある同業者の中でなぜうちに電話をされたのかという点について、ウェブサイトをくまなく見てこられたことが明らかになりました。

この松前町、あるいは中予地区全体でもウェブサイトのある会社はいくらでもありますが、物件情報以外もきちんと更新され、SNS対応などもできている、いわば「生きて」いるサイトというのは正直数えるほどです。

今後不動産取引がネットを中心とした展開にシフトしていくのは不可避の流れの中で、競合との差別化のためにこれに対応するのは必須と考えて、貧弱ながらも色々やってきた効果が多少はあったのかなと、ちょっとだけ嬉しくなった一日でした。

タイトルとURLをコピーしました