土地の買取とウッドショック

ヒロキ不動産 日報

土地の情報を建売業者様に持ち込んで、買取価格の見積りを依頼しました。その後の話の中で出てきたウッドショックの影響は…

土地の買い取り

建売業者様は戸建てを建てて販売するのが仕事です。建てるには土地がないと始まりません。よって常に家が建てられる土地を求めて活動しています。

具体的には各社の営業担当が不動産屋を回って買取可能な土地の情報を入手するわけです。実際に売却する段になっても、一般の人に売るのとは違って、現金でノークレームなので、早く売却したいときに向いているといえます。

最近建売業者様の来訪が増えており、販売用の物件がもうないという話をよく耳にしておりました。コロナ禍においても不動産の好調を示すエピソードですが、弊社にも土地の情報が入ったので、懇意な業者様に買取の見積もりを依頼しました。少々難有りの土地でしたので、プロがどのように考えるかを見たかったというのもあります。もし買取不可ならば投資家さんに流すので問題ありません。

ウッドショックの影響は

買取依頼のあとに、最近巷を騒がせているウッドショックの影響について雑談しました。結論としては、夏以降の新築は販売価格が上がるかもしれないということでした。この件については早くからいろいろな人と話をしており、愛媛では情報の浸透がちょっと遅れている印象があったのですが、ようやく影響が出てきたなという印象です。

新築が高すぎて買えないとなったときに、市場は冷え込むのか、それとも中古に流れるのか、引き続きウォッチしていきます。

タイトルとURLをコピーしました