空き家の持ち主様に送る文章を考える

最後まで読んでいただけるような、ファーストコンタクトの文章を考えていました。

行動を促す文章とは

先日所有者を確認した空き家の持ち主様に送る文章を考えていました。

礼を失しないよう、なおかつ空き家の処分をお考えの方に最後まで読んでいただいて、ちょっと電話してみようかと行動を促せるような興味性を持たせるにはどうするべきか、悩みます。

人が行動するのは、感情が動いたときだというセールスライティングの言葉があります。ターゲットの感情が動くのはどんなときか、考えなくてはいけません。

競合と同じような内容では即ボッシュート(死語)ですので。

年齢層を考慮すると、文字は大きく、手短に、横文字は使わないなどの配慮も必要です。

登記の内容から色々と想像を巡らせて、1通ずつ違う内容になるのが理想なのでしょう。

女性名で、現住所が施設になっている人。

9名の共有で、名字も性別も住所もバラバラの人たち。

表札と違う方の名義で、数百キロ彼方の豪邸にお住まいの人。

よくよく見てみると、空き家を複数所有している人。

近所にお住まいで、空き家もよく手入れされている人。

名義も住所も変わっていない人。

あれから色々考えて、発送先を20通まで絞りました。

正解はないのでしょう。1通でも反響があればそれでよし。です。

タイトルとURLをコピーしました